花粉症で目がしみる女性

抗ヒスタミン薬の一つであるアレグラは、テレビでも宣伝されていることもあり比較的聞いたことのある薬名でもあります。アレグラの主成分はフェキソフェナジン塩酸塩で、フェキソフェナジン塩酸塩には、季節性や通年性のアレルギー性鼻炎による鼻づまりやくしゃみ、鼻水といった症状の緩和、虫刺されが原因の皮膚炎、蕁麻疹、乾燥による肌のかゆみに効果を示します。

アレグラは薄いオレンジ色をしており、ドライシロップもあります。錠剤の場合は7歳以上でないと服用することはできないのですが、ドライシロップであれば6か月以上から使用することができます。そのため小さい子どもで花粉症やダニやほこりなどのアレルギーがあり、鼻水やかゆみがひどいといった症状がある場合、ドライシロップを処方してもらうと良いでしょう。

アレグラは市販されているものもあります。ドラックストアで購入することができる治療薬ですが、市販されているものは処方薬と効果に差があるのが特徴です。医療用として処方されている成分はほぼ一緒なのですが、市販薬の場合皮膚に対する効果は含まれていません。アレルギー性鼻炎に関する症状のみ緩和するので購入する際は注意するようにしてください。

市販薬でも処方薬においても副作用は同じです。アレグラの場合、副作用が少ないことが特徴で、眠気も起きにくく、口の渇きもありません。1日2回服用することで効果をより持続させることができ、ヒスタミンが作用するのを阻害するので、花粉症の症状も早くに改善へと導きます。

通常の抗ヒスタミン薬は眠気が起きてしまうことがあり、薬の添付文書にも眠気について書かれていることが多いですが、アレグラの場合はそういった記述は見当たりません。副作用も頭痛がおこることは多少ありますが、重篤になることは極めてまれであり安全な薬です。ですが、どの治療薬にも副作用はあり、その副作用の出方は個人差があります。そのためアレグラはドラックストアで購入することはできるのですが、より安全に服用することができるよう、小児用の場合は要指導医薬品となっています。事前にチェックシートに記入をして、さらに薬剤師のいるドラックストアで説明を受けなくてはなりません。

ダニやほこりといった通年性のアレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎に効果のあるフェキソフェナジン塩酸塩は、1日2回服用しなくてはなりませんが、その分効果が長続きする特徴があります。