• ホーム
  • 花粉症の目のかゆみにはパタノールが効果的

花粉症の目のかゆみにはパタノールが効果的

花粉症の場合、鼻の症状に目が行きやすいのですが、じっさいには鼻の症状と目の症状が同時に起こることが多く、目に症状が出た場合、かゆみや目の開きが悪いといったことが起こります。目の場合、花粉症など花粉が原因でアレルギー症状が出ることもあるのですが、ダニやほこりでも炎症が起こることがあります。花粉が飛ぶ時期とダニやほこりが多く発生する時期は重なることが多く、どちらが原因かわからないこともあるのですが、そのどちらの原因であってもかゆみの原因はヒスタミンが分泌されたことによって起こっているので、薬によってヒスタミンの分泌を抑制しなくてはなりません。

目のかゆみに効く薬には、パタノールがあります。パタノールはアレロックと同じオロパタジン塩酸塩が主成分で無色の目薬です。眼科においてはアレルギー性結膜炎が疑われるとき、良く処方される薬でもあります。

パタノールはオロパタジン塩酸塩の成分によって、ヒスタミンの分泌を抑制する効果が高く第2世代抗ヒスタミン薬の一つです。同じ抗ヒスタミン効果がある目薬には、アレジオンやザジテン、リボスチンの4種類がありますが、この中でも特に効果が持続するのは、パタノールです。パタノールは1回2滴から4滴を1日4回点眼することが必要となりますが、きちんとさすことでより効果を実感することができます。

パタノールの副作用としては、眼痛や目の刺激感、角膜炎や眼瞼炎、眼瞼浮腫といったことが起こることがあります。ですが、比較的副作用は起きにくく、副作用も強く出ることはありません。点眼方法にはコツがあり、点眼をしたらまばたきをせず、しばらく目を閉じたままでいることが大切です。目は薬が入ったからと言ってすぐに吸収できるわけではなく、まばたきをしてしまうと薬が流れ出てしまう恐れがあるためです。しっかりとした効果が出るには、目を閉じていることが大切であるので、忘れずに行うようにしましょう。

そしてパタノールの場合、ソフトコンタクトレンズをした上から点眼をすることはできません。点眼前に外して、点眼をした後は10分ほど間を開けて再び装着するようにします。

花粉症による目のかゆみは花粉が飛び始める前から対策を練って、予防することが大切です。時期が来てからパタノールなどの薬を使用しても効果はあるのですが、目やになどはなかなか良くならず、いつまでも残っている状態になることが多いです。予防として使用する場合はどのように点眼をしたらよいか相談をすると安心です。