• ホーム
  • 花粉症の症状を強力に治すならアレロックがベスト!

花粉症の症状を強力に治すならアレロックがベスト!

黒いマスクをかける女性

第二世代抗ヒスタミン薬の中で、強力に治す効果があるのはアレロックです。この薬はオロパタジン塩酸塩が主成分で、淡い黄色をした小さい丸い形をしています。錠剤の他に、オロパタジン塩酸塩が主成分のアレロックには錠剤の他に顆粒タイプもあります。

アレロックは花粉症が原因のアレルギー性鼻炎や蕁麻疹、皮膚の疾患に伴うかゆみや喘息が原因で起こる皮膚のかゆみと、主にアレルギーに関しての症状に効果があります。服用は1回1錠を朝と寝る前の2回服用しますが、きちんと服用することでさらに効果が持続することができます。

花粉症は花粉が飛散する前から手を打つことが基本ではあるのですが、時としてその対策が遅れてしまうことも多いです。1回ひどくなってしまうと通常の抗ヒスタミン薬ではなかなか効果が現れず、現れたとしても効果が出るまでに時間がかかってしまうこともあります。

ですが、アレロックの場合効果が高い部類に入るため服用するとすぐに効果が現れ始めます。ただし、アレロックは眠気も大変起きやすく、車の運転は控える必要がありますし、危険を伴う作業や、その作業を行うために動かす機械の操作は基本的に行わないようにすることが大切です。アレロックは強力であるのですが、朝と寝る前の服用が基本で、特に眠気が起きやすいのは朝服用した後です。車を運転して出勤する場合もあるのですが、突然眠気が起こることもありますし、いつもは眠気が出なくてもその日の体調によって眠気が出てしまうこともあります。できればアレロックを服用した後は運転をしないようにしてください。

オロパタジン塩酸塩が含まれているアレロックは、鼻づまりが強い時に処方されることが多いのですが、副作用として眠気の他に、ひどい倦怠感や口の渇き、過敏症といったことが起こります。このほかの副作用では腹部の不快感や下痢や便秘、腹痛といった胃腸障害や、口内炎や口角炎といった粘膜に関する障害、集中力の低下があります。

重篤な副作用が出ることは大変まれなのですが、もし出てしまった場合は肝機能に伴う障害が多く、黄疸が出てしまうこともあります。授産婦には原則禁止となっており、65歳以上の高齢者には慎重に投与する必要のある薬です。効き目が強い分、副作用も軽微なものながら出ることがあるので注意が必要です。

花粉症の治療として使用する場合、花粉が飛散する直前から飛ぶのが終わる季節まで毎日服用することが予防へとつながります。辛い症状に悩んでいる場合は強力な効果があるアレロックを選択肢に加えると良いでしょう。